パイオニアITストア > ワイヤレスドックの使い方 > USBスピーカーを接続

USBスピーカー接続

このページでは、USBスピーカーをワイヤレスドックに接続して、iPhoneに保存されている音楽を再生するまでの手順について説明します。


■機器を接続して使用可能な状態にしましょう。

準備)ここでは、アクセスポイントモード(AP)を使用して説明します。ワイヤレスドックの底面のスイッチがAPにあることを確認してください。


1)ACアダプターのDCプラグをワイヤレスドックのDCジャックに接続し、ACアダプターをコンセントに挿入します。


2)お買い上げ直後の場合、30秒程度するとStatusLED"橙色"WirelessLED"緑色"に点灯し使用可能な状態になります。


3)USBスピーカーとワイヤレスドックをUSBケーブルで接続します。

これで接続と設置は完了です。


iPhoneの「設定」アプリでワイヤレスドックと通信設定をしましょう。

1)iPhoneの「設定アプリ」を起動します。

 

2)表示されているネットワークから、ワイヤレスドックの底面ラベルに記載されているSSIDWBD-XXX)を一覧から選んでタップします。




3)ワイヤレスドックの底面ラベルに記載されているKEY(数字8桁)をインプットします。

これでiPhoneとワイヤレスドックの接続は完了です。



iPhone/iPad専用音楽アプリケーションから音楽を再生してみましょう。

1)iPhone/iPad専用音楽アプリケーションを起動します。起動すると自動でUSBスピーカーとiPhoneの接続が完了します。


2)お好みの音楽をタップすると、音楽が再生されます。

簡単操作でiPhoneに入った音楽を手軽にUSBスピーカーでお楽しみ頂けます。是非お試しください。


※設置写真に使用しているUSBスピーカー(ISS-C270A-S)は、ハイレゾ音源には対応していません。

※音が途切れる場合は、以下のリンク先を参考にしてください。

ワイヤレス再生時、音が途切れたり、接続が不安定な場合に有効な対処方法



【補足】

音楽再生時のプレイヤー画面の右上を見ると、五角形とワイヤレスのマーク(Aオーディオ出力先インジケータ)が表示されていると思います。このマークはオーディオ出力先がUSBオーディオデバイスとなっていることを示しています。タップすることで、出力先を「USBオーディオデバイス⇔iPhone/iPad」に切り替えられるようになっています。

USBオーディオデバイス出力のマークが表示されない場合は、ポップアップに確認事項の説明が表示されます。そちらに従って操作してみてください。




このページでは説明しなかった、ステーションモード(無線LANルーター経由で接続する方法)については「Stellanovaの使い方マニュアルページ」を参考にしてみてください。


戻る