パイオニアITストア > Stellanova音豆知識 > 音楽豆知識 「ハイレゾとワイヤレスの関係」

音楽豆知識 「ハイレゾとワイヤレスの関係」


ハイレゾとワイヤレスの関係(ワイヤレス方式とハイレゾの送り方)についてですが、まずは、CDとハイレゾの違いをデータレート(1秒間にどのくらいの情報量を送る必要があるか)で比較してみます。

写真

携帯でデータ通信の契約上限に達した時のデータレートが最大128kbpsですので、CDでも1.4Mbps(約10倍)、さらにハイレゾの192k/24bitだと9.2Mbpsとなり、CDの6.5倍となります。人間の耳は優れているので、アナログの音をデジタルデータにするとかなりのデータ量にしないと満足できません。よって、10Mbps以上の速度がでるワイヤレス方式である必要があり、今のところBluetoothでは送れず、Wi-Fiなら送れるということになります。
※高圧縮で可逆式(元に戻せる)なコーデックがあれば可能なのですが、そこまでのものは現状ありません。

それでは、ワイヤレスでどのくらいの速度がでるか比較いたします。身近なものではBluetoothとWi-Fiです。
写真

Bluetoothは高圧縮でハイレゾ相当で送れるLDAC方式がありますが、それでも元の音質には完璧に戻せません。Air PlayはCD音質なら元の音質に戻せますが、ハイレゾに対応していません。現状、ハイレゾが元の音質で送れるのはWi-Fiを使ったDLNAのネットワークオーディオとStellanovaのAir Hi-Res Link Technologyの大きく2つということになります。

ハイレゾ音源そのままを、Bluetoothで送るのは非常に難しいです。でもWi-Fiを使えば可能です。是非、便利なワイヤレスで高音質のハイレゾを体験してみてください。